« 文学的なジャーナル | トップページ | 喪失の響き »

2010年7月 1日 (木)

すべてを食べつくした男

すべてを食べつくした男 (文春文庫)

買ったきっかけ:
99年に出た「美食術」が文庫化されるのを待ち購入。
文庫化にあたり改題、再編集された。
こういう食べ物のことを延々くどくど書いている本が大好きでつい買ってしまう。
しかしたいていは読まずに放置。
まさに買うだけでお腹いっぱいになってしまうワケ。
日本人でこういう本を書く人はいないだろうか。日本人の食べ物本てなんか品がよすぎるような気がする。誰かこんなふうにクドく書いてくれい。
ワギュウとか京都での食事も掲載。
文字数も多く、820円は超お得。
でもまだ読んでいない。

すべてを食べつくした男 (文春文庫)

著者:ジェフリー スタインガーテン

すべてを食べつくした男 (文春文庫)

« 文学的なジャーナル | トップページ | 喪失の響き »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すべてを食べつくした男:

« 文学的なジャーナル | トップページ | 喪失の響き »